トップページ >  皮膚科医推奨スキンケア >  キュレル

キュレルってどんな化粧品ブランドなの!?

Q1.キュレルってどんな化粧品ブランドなの!?


化粧品メーカーの「花王」が乾燥しがちで外部刺激に過敏になって敏感に傾きがちな乾燥性敏感肌の方向けに開発したのがキュレルです。セラミドの重要性を説き、主成分にした化粧品をはじめて作ったのもこのキュレルです。


肌のバリア機能の低下が乾燥肌や敏感肌、そしてアトピー肌にも共通していることです。この肌バリア機能を高めることがうるおいに溢れた健康的な肌を取り戻すために不可欠なことですが、そのために最も利用したい保湿成分が「セラミド」なんです。


そのセラミドを守り、補給するというのがキュレルの一貫したコンセプトです。メイク落としや洗顔料は肌のセラミドを流出させないマイルドな洗浄力になっていますし、美容液や乳液、クリームはセラミドをたっぷり補給できる処方になっています。


Q2.どんな特徴があるの?


キュレルの特徴はセラミドの保湿力が安価で試せるということでしょう。それが可能なのは、キュレルのセラミドは疑似セラミドだからです。成分名をみるとセラミドという文字はなく、「ヘキサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミド」になっていると思います。


疑似セラミドということで保湿力に劣るのでは?と心配することがありますが、その点についてはまったく心配いりません。充分なうるおいを感じられるはずです。


本物のセラミドは確かに保湿力がすぐれているんですが、原料としてかなり高価なものであるため乾燥肌や敏感肌のケアのために顔や体にたっぷり使うということができません。こうしたセラミドの弱点を補ってくれたのが疑似セラミドなわけです。


(※おそらく、セラミドが医薬品にならない理由は原料の高さも影響しているはずです。)


成分的には弱酸性・無香料・無着色・ノンアルコールです。赤ちゃんの肌にも安心して使える低刺激処方ということでキュレルをおすすめする皮膚科の先生も多いです。ただ、アトピー肌には使えないので注意が必要です。


Q3.どこで手に入る?価格はいくらぐらい?


薬局、薬店、ドラッグストアなどをはじめ、ネットショップなど通販でも購入できます。基礎化粧品はもちろん、ベースメイク、リップクリーム、入浴剤、ボディタオル、シャンプー、汗ふきシートと商品のラインナップは一番の充実ぶりです。


【管理人からひとこと】


キュレルは近所の薬局などで一番簡単に手に入る乾燥肌・敏感肌向けの低刺激スキンケア化粧品ではないでしょうか?値段も手ごろですし。私も冬の乾燥の時期になると肌さわりが一番いいキュレルの乳液タイプのローションを買って使っています。


ベタつかず、伸びがよくて長持ちですし、顔を含めて全身に使えて1,000円ちょっとなので費用対効果は抜群だと思います。全身に使える保湿クリームを探している人にうってつけはなずです。