トップページ >  主な治療方法【軽症】 >  ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質~ヒルドイドローション他

Q. ヒルドイトローション(成分:ヘパリン類似物質)はどんな作用があるんですか?


血液中にあるヘパリンという成分に水分含有力があることから類似の成分を保湿成分として応用するようになったのがヒルドイトローションです。ヘパリン類似物質には水分を多く含んで逃がさない性質があるので保湿力が高く、乾燥が気になる肌には効果的です。


Q. ヒルドイドにはローション、ソフト軟膏、クリームがありますが、違いはなんですか?


塗りやすさやベタつきといった使い心地に違いがあります。保湿効果は変わりません。


Q. 基礎化粧品をやめてヒルドイドローションを代わりに使うのってダメですか?


常用してもらって全然OKです。皮膚科で処方してもらわないといけませんが、保湿力は高いですし、化粧品のように余計な添加物も入っていないのでアレルギー反応の心配も少ないです。顔にも体にも安心して使えますし、オールインワンなので便利だと思います。


Q. ワセリンや尿素クリームとの違いや使い分けは?


ヒルドイドローションは保湿剤です。使い続けるうちに肌のバリア機能も回復します。ワセリンは肌表面を保護して乾燥を防ぐ役割があります。なのでワセリンとヒルドイドはセットで使うことが多いです。尿素クリームとの使い分けですが、使い心地や肌との相性が関係してきます。


Q. ヒルドイドローションは薬局などで購入できないのでしょうか?


ヒルドイドローションは処方薬なので処方箋がないと薬局で買えません。同じヘパリン類似物質を主成分にしているものでは小林製薬のアットノン、ノバルティスファーマのHPクリーム、キンカンHPローションといったものがあります。