トップページ >  主な治療方法【軽症】 >  油脂性軟膏(白色ワセリン)

油脂性軟膏(白色ワセリン)~肌を保護する役割

Q.白色ワセリンにはどんな薬効がありますか?


白色ワセリンそのものは保湿成分というよりは肌を保護する成分であり、肌から水分が蒸発しないように保護してくれるのが主な働きになります。化粧品や医薬品の基剤として使われることからもわかるように非常に安全で刺激のない成分です。


Q.白色ワセリンを基礎化粧品の代わりに顔に塗っても大丈夫ですか?


油分が強いのでベタつきが気になると思うのですが、気にならないのなら別に使っても問題ありません。防腐剤や香料など余分な成分が含まれてないので肌が弱い方、あるいは肌荒れがひどいときのスキンケアには最適です。


ただ、注意点もあっても紫外線に当たると皮膚が「油焼け」するので紫外線に当たらないようにしたり、夜、寝る前に使用するなどしたほうがいいと思います。


Q.プロペト軟膏と薬局にある白色ワセリンは違うんでしょうか?


ワセリンには精製純度別に種類があり、グレードがあります。通常の黄色ワセリン⇒白色ワセリン⇒プロペト⇒サンホワイトの順番に精製度が高くなり、不純物が少なくなります。


プロぺト以上は医療用として目に使えるほど刺激が少ないものなので赤ちゃんや敏感肌の方、アトピー性皮膚炎の方も安心して使えると思います。ただ、精製にコストがかかるため、精制度が高くなるほど値段も高くなります。


Q.白色ワセリンって薬局で買えますか?


白色ワセリンは薬局でも通販でも処方箋なしで買えます。化粧品の1/10の価格で買えます。


Q,白色ワセリンには副作用はありませんか?


使い続けると象の皮膚のように厚くなるという話ありますが、まったくのでたらめです。白色ワセリンは医薬品や化粧品の基剤として使用されているように特にこれと言った副作用はありません。


Q,購入するならどこのメーカーの白色ワセリンがおすすめですか?


日本薬局方の白色ワセリンの評判がいいです。より安全で高品質のものを使いたいのならサンホワイトのサンホワイトP-1という商品がおすすめです。同じ白色ワセリンならそれほどメーカーによって差があるものでもないので、値段の安いもの、薬局に置いてあるものでいいかと思います。