トップページ >  主な治療方法【重症】 >  抗ヒスタミン・抗アレルギー薬

抗ヒスタミン・抗アレルギー薬~かゆみ止め内服薬

アトピー性皮膚炎をはじめ皮膚の湿疹、肌のバリア機能というのは肌を擦ったり引っ掻いてしまうと悪化しやすいですし、治るものも治りにくくなるためかゆみを減らすことは非常に重要です。


そうしたかゆみを減らす目的で処方される内服薬が抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬です。


皮膚のかゆみ抑える場合、何より効果があるのはかゆみを生じさせる原因の皮膚疾患を治すことなので、ステロイド外用薬等で皮疹を治療することが最優先です。


抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬はあくまでそうしたステロイド外用薬やタクロリムス外用薬といった薬のサポート的な位置づけですし、効果としてもかゆみを完全に抑えられるほどの効果があるかといえはそこまでの薬効があるわけではありません。


しかし、完全ではないものの、ある程度のかゆみを抑えることができることは間違いないので肌を擦ったり、掻いたりすることを防ぐための必要な措置として、肌状態が改善するまでは外用薬と一緒に内服薬を併用することが治療の基本になります。


主な副作用としては眠気や倦怠感などがあります。


風邪薬には鼻水やくしゃみを抑えるために抗ヒスタミン薬が含まれていることが多いので、風邪薬を飲んだことがある人ならばなんとなく、それと同じ副作用があるとイメージできると思います。


ただ、最近はこうした副作用がほとんどない抗ヒスタミン薬もあるので、このあたりはお医者さんに相談して自分のライフスタイルに影響がないものを選べばいいと思います。