トップページ >  主な治療方法【重症】 >  ステロイド外用薬

ステロイド外用薬~炎症を抑える抗炎症作用

肌の乾燥の原因がアトピー性皮膚炎や皮脂欠乏症が悪化した皮脂欠乏性湿疹など炎症がともなっている場合はステロイド外用薬が処方されることがあります。


ステロイド外用薬というとその強烈な副作用ばかりがクローズアップされて紹介されるので、悪いイメージを持っている方が圧倒的に多いと思います。ただ、このステロイドについてはその副作用ばかりに注目するのではなく、薬としての効果もきちんと知っておいてほしいと思います。


例えばアトピー性皮膚炎においてはステロイド外用薬というのは特効薬的な働きをしてくれるものです。保険適用されますし、効果が期待できるので治療期間も短期間で済みます。


そのため、症状の重さにもよりますが、アトピー性皮膚炎や皮脂欠乏性湿疹の治療においてはステロイド外用薬が治療法の第一選択肢として処方されるはずです。


非ステロイド外用薬もあるにはありますが、保険が効かずに治療費も高くついたり、効果が出るまでに時間がかかり、治療期間が長くなるなどデメリットがあることは覚えておいたほうがいいと思います。


現在ではステロイド外用薬での治療は非常に効果的に行うことができるようになっており、その理由としてはTARCという血液検査の登場で、炎症の程度にあわせて適切なステロイド外用薬を医師の裁量ではなく、数値で判断してできるようになった事が大きいです。


ステロイド外用薬というのは効果の強さによって5段階(ストロンゲスト・ベリーストロング・ストロング・ミディアム・ウィーク)があり、これまでどの強さのステロイドを使うかというのは医師の経験と勘によって決められていました。


そのため皮膚科医の熟練度の差によって治療結果に大きな差がでました。やぶ医者にかかればそれだけステロイドの副作用にさらされるリスクが高まってしまうというのは確かにあったんです。


TARCによって数値で炎症を管理できるようになったので、医師も患者も薬が効いているかどうかは炎症の数値をみれば一目瞭然になり、また数値にあわせて適切なステロイドを選べるようになったので治療効率が飛躍的に高まることができるようになりました。


そんなわけで、いまでは治療初期にステロイド外用薬を短期間に集中的に使って炎症と痒みを止めて、その間に肌バリア機能を回復させて、バリア機能の回復を確認したところでステロイドを止めて保湿剤のみの治療に移行するというのが主流になっています。


かつてはどうなるか使ってみないとわからなかったステロイド外用薬ですが、今ではそのリスクをコントロールできるようになっているということです。医師の指示通り、塗る場所、量、期間をしっかり守って使うのならそんなに怖い薬ではなくなったということは覚えておいてください。