皮膚科での乾燥肌・敏感肌治療【ダイジェスト版】

乾燥肌や敏感肌で皮膚科に行く人が少ない理由

乾燥肌も敏感肌もひどくなるとかゆみや痛みなどを感じるようになります。日常生活に支障がでることもあるでしょう。人によっては肌が乾燥しやすい冬などはかなり苦しい思いをする人も多いと思うんですが、不思議と皮膚科で治療しようという人は少ないと思います。


ほとんどの人が保湿力のあるクリームを買ったり、無添加で低刺激の化粧水を探して使ったりすると思うんですが、その場しのぎの応急処置にはなっても「乾燥しなくなった!」「刺激に強くなった!」など肌質が変わって悩みが解消されたという人は少ないんじゃないでしょうか?


乾燥肌も敏感肌も肌バリア機能の低下という肌トラブルが原因ですからこれをなんとかしないと毎年、空気が乾燥して湿度が下がる冬場は乾燥に苦しみますし、花粉や紫外線など外部刺激が増える春先には肌が敏感になってしまいます。


そして何より乾燥や敏感の原因がアトピー性皮膚炎ということもあるので、やはり一度皮膚科に行ってみてもらったほうがいいと思います。たいした問題が発覚しなくても皮膚科でもらえる保湿剤の効果に感動したり、教えてもらったスキンケア方法で肌状態が劇的に改善することもあります。


自己流のスキンケアや生活習慣が乾燥肌や敏感肌の原因になっていることも多いので一度客観的に自分のやっていること、方法が正しいかどうか専門家に診てもらうだけでもまったく変わってくると思います。


当サイトは皮膚科にいくのはちょっと抵抗があるという人向けに、乾燥肌や敏感肌で皮膚科にいくとこんな感じですよということをまとめたダイジェスト版のようなものです。皮膚科にいくきっかけになればと制作しましたものなので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

当サイトのカテゴリ一覧

乾燥肌・敏感肌について知っておきたいこと

肌が乾燥&過敏になる原因肌のバリア機能の仕組み敏感肌とアトピー性皮膚炎の違い皮脂欠乏症(老人性乾皮症)皮膚科での治療について

アトピー性皮膚炎など肌状態が【重症】だった場合の治療方法

ステロイド外用薬タクロリムス外用薬抗ヒスタミン・抗アレルギー薬ネオラール(免疫抑制剤)

カサカサ肌やヒリヒリ感など【軽症】だった場合の治療方法

保湿剤の種類と使い方油脂性軟膏(白色ワセリン)尿素クリームヘパリン類似物質

皮膚科医が推奨するスキンケア化粧品

2e(ドゥーエ)キュレルディセンシアアクセーヌNOV(ノブ)

皮膚科で乾燥肌・敏感肌は治したほうがいい!

乾燥肌や敏感肌になると一生懸命、化粧水を探している人がいるんですが、これはもう本当に意味がわかりません。化粧水なんていうものはほとんどが水分なわけですからそんなものをつけたところで乾燥や敏感肌がどうにかなるものではないからです。むしろしみてしまって化粧水なんかは使えないでしょう。 大事なのはまず肌の乾燥や過敏になっている原因を突き止めることです。アトピー性皮膚炎かもしれないし、何か問題があるかもしれないからです。そして皮膚科で処方される保湿剤や推奨される基礎化粧品を使ってみてください。ランキング常連の保湿化粧品とは雲泥の差がありますので。とにかく乾燥肌や敏感肌という肌トラブルは一度皮膚科でみてもらうべきです。